01
百年以上の歴史、
百年以上の歴史、
愛され続ける
愛され続ける
樽形煎餅
樽形煎餅

「あたたかさ」×
「細かさ」×
「心遣い」
の三原則

神戸・御影で百年以上。
わたしたち“御菓子司 虎屋吉末”では、3つのことを大切に伝統の瓦せんべいを作ってまいりました。
それは、御菓子がもたらすあたたかな気持ちと、それを作るための細かな技、そしてお客様への心遣いです。
当店では、生地は機械を使用せず手で練り上げています。
そうすることで、誰にでも美味しくお召し上がりいただける軽い味わいの瓦せんべいに仕上げることができます。
長年受け継がれてきた製法を活かし、変わらない伝統を感じてほっと一息できるような時間を、生地に練り込みました。
硬いものが苦手なお子さんや、お年寄りにも「美味しい」と言っていただける味と親しみやすさを目指しています。
当店の味は、通販でもお試しいただけます。
また、記念菓子のご注文もお承りいたします。
神戸・御影で丹精込めてお作りする伝統のたまごせんべいを、ぜひ様々な形でお楽しみください。

商標登録、樽形煎餅の成り立ち

神戸・灘には数多くの酒蔵が立ち並び、「日本一の酒処」とも言われています。
“御菓子司 虎屋吉末”は「灘五郷」とも呼ばれる灘の酒処としての歴史と、阪神間の港町の歴史の両方に育まれてきました。
江戸時代から明治にかけて、灘の日本酒は樽廻船に乗って全国各地に運ばれていました。
その際の手土産として、灘五郷の酒蔵の18銘柄を刻印した特製のたまごせんべいを売り出したのが、当店の始まりです。
その後、樽型煎餅として商標を取得。
“御菓子司 虎屋吉末”の樽型煎餅として受け継いでいます。
百年を超える歴史と伝統と変わらぬ製法。
守り続けてきた味わいを真心込めてお届けします。
“御菓子司 虎屋吉末”の樽形煎餅は、通販でもお試しいただけます。
ぜひ、大切な人と一緒にお楽しみください。

Various scenes

多くの方、
 多くのシーンにおすすめ

  • 歴史について
  • 伝統の製法
  • オリジナル焼き印

History

百年の歴史と伝統を持つ“御菓子司 虎屋吉末”

樽形煎餅は酒蔵ひしめく「灘五郷」の歴史と、日本有数の港町としての土地柄に育まれた銘菓です。
美味しい伝統の味わいを、百年以上の間、8代に渡って受け継いで参りました。
代々続く変わらぬ製法と味は、当店の家訓といっても過言ではありません。

Process

手練りだからこそ出せる変わらぬ味

“御菓子司 虎屋吉末”では、生地づくりに機械を使いません。
生地の練り上げを手で行うことで、生地の状態や温度をつぶさに感じ取りながら練り上げています。
この工程を経ることで、さくさくとした軽い瓦せんべいに仕上がります。
小さなお子様からご年配の方まで「美味しい」と喜んでいただけるように。
変わらぬ製法を今に伝え続けています。

Brand

記念品づくりもお承りします。

当店では、オリジナルのデザインで焼入れを行う記念菓子づくりも承っています。
会社での記念日や、卒業記念など、様々な場面で喜ばれる記念品としてぜひご利用ください。
思い出に残る特別なお菓子をお届けします。

news

お知らせ

三月三日は桃の節句

2024/02/15

三月三日は桃の節句

ひなまつりとは、桃の節句とも呼ばれる日本の伝統的な行事です。この日には、雛人形を飾り、女の子の健やかな成長と幸せを祈ります。
虎屋では、雛壇に添えられる菱餅や桃の花、橘など表した上生菓子をお作りしています。桃の節句の上生菓子は全六種。「雄雛」「雌雛」「菱羊羹」「桃の花」「橘」「春の音(太鼓)」など、春の訪れを感じさせる色や形で、美味しいだけでなく、目にも楽しいものです。

また、おひなさまの焼印が入ったたまごせんべい・瓦せんべいも焼いております。

通販サイトにて地方配送も承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。
詳細はこちら【神戸の老舗和菓子お取り寄せサイト】
節分の上生菓子をご紹介

2024/02/03

節分の上生菓子をご紹介

虎屋では、節分の日にちなんだ美味しい上生菓子を三種お作りしています。

・赤色と青色の二色のきんとんで「鬼やらい」
・福を呼ぶ神様の優しい横顔の「お多福」
・邪気を払い福を招く「福神」

【節分上生菓子三点セット】詳細はこちら

また、節分にはせんべいもよく食べられます。たまごせんべいは、卵と砂糖で作った甘いせんべいで、縁起物とされています。節分の和菓子は、伝統的な日本の文化を感じられるお菓子です。記念菓子としても人気があります。
通販で購入することもできますので、ぜひ一度お試しください。節分の上生菓子を食べて、今年も良い年にしましょう。

虎屋の和菓子 お取り寄せサイトはこちらから
春の訪れを感じる上生菓子

2024/01/30

春の訪れを感じる上生菓子

春は、梅に鶯がさえずり、春を告げる花々が芽吹く季節です。
この美しい自然の風景を楽しむには、春の和菓子が欠かせません。
特に、春の上生菓子は、色鮮やかなお花や鶯などを可愛らしく表現したものが多く、目でも舌でも春を味わうことができます。


上生菓子の他にも、春の絵柄が入った季節の麩焼きせんべいも人気です。
梅の花や桜など、四季折々の絵柄をお楽しみいただけます。


春は、自然が美しく変化する季節です。その変化を感じることができる春の和菓子は、日本人の心を癒してくれる和菓子です。
ぜひ、春の美味しい和菓子を食べて、春の訪れを感じてみてください。


伝統を受け継ぐ神戸の和菓子。瓦せんべいの通販サイト
お取り寄せはこちらから|御菓子司 虎屋吉末